服用時の注意点|辛い頭痛はセレコックス頭痛薬があれば無問題!|頭痛解消博士

辛い頭痛はセレコックス頭痛薬があれば無問題!|頭痛解消博士

服用時の注意点

茶色のカプセル

辛い頭痛の症状に効果的なセレコックス頭痛薬ですが、この薬は「服用時に胃を痛めにくい」という非常に嬉しい効果があります。
その為、服用する際に専用の胃薬を服用して胃を保護しながら服用して……というような心配をせずとも、安心して服用することが出来ます。
ですが、やはり服用する際には注意しないといけない点というのは存在しています。
知らずに服用すると重大な事故を招きかねないので、しっかりと覚えておきましょう。

まず最初に、「胃を痛めにくい」という特徴についてです。
痛めにくい、という程度であって、決して「痛めない」というわけではないので、服用する際は空腹時を避けて服用し、もしも緊急で服用しないといけない場合は牛乳などの胃の粘膜を保護する物を飲んだ後に服用するようにしましょう。
そして、鎮痛剤は服用後血液を通って体中に薬効を行き渡らせます。
その過程で血管を収縮させる効果があるのですが、もし妊娠中にセレコックスを服用してしまうとお腹の中の赤ん坊にも薬が行き渡ってしまい、最悪の場合死亡してしまう可能性もあるので、もし妊娠しているのなら服用しないようにしましょう。
それ以外にも硝酸剤など様々な薬と併用することによって命に関わる事故を招きかねないので、もし持病の治療などに服用している薬が存在するのなら病院に持って行き、併用しても問題ないかなどを確認するようにしましょう。

用法用量を守ることでつらい痛みを抑えることが出来ますが、もし守らなければ非常に危険な事態を招く可能性もある、非常に怖い薬でもあります。
なので、服用時は自己判断で服用量や服用方法を変更するのではなく、きちんと医師の指示通りに服用するようにしましょう!